道路トンネルや橋梁きょうりょうなど振動が発生する場所に
最適な配管・ケーブル支持部材を用途別に開発。
安全性、施工性を追求し、様々な機能を搭載。

道路トンネルや橋梁は、交通などの様々な要因から振動が発生し、ケーブルや部材が脱落しやすい環境となっている。
人や車が通行する場所であるため、部材の落下は大事故に繋がりかねない。
そのような厳しい条件に最適な『安全性』『施工性』を兼ね備えた支持金具を開発。

二重落下防止対策

『電気通信設備工事共通仕様書(平成31年3月)』より、トンネル照明設備は指定された落下防止措置から、2種類以上の異なる種類を組み合わせたボルト、ナットを選定することとなった。
道路トンネル用ケーブル支持金具では 『皿ばね座金』『ゆるみ止めナット』を選定し、さらに安全性を向上。公共工事に安心して使用することができる。

皿ばね座金
(JIS規格品)

座金がナットを押し上げる力でナットのゆるみを防止します。

皿ばね座金
ゆるみ止めナット
(株式会社ケー・エフ・シー製Kナット)

フリクションリングがねじ山を強く押さえ高いゆるみ止め効果を発揮。

ゆるみ止めナット
配管支持架台 ケーブル支持金具

配管用ウィングリップ

トンネル入口や橋梁きょうりょうなど、
道路インフラの配管支持に。

主な特長

配管脱落防止対策

配管支持架台には架台には二重落下防止対策以外にも、より安全に使用できるような機構を搭載。
支持金具側面に切り起こしを施すことで、予期せぬ強い振動でも配管を支えるダクタークリップが脱落するのを防止。
※ 横引き施工の場合

配管支持架台

動画

ケーブル用ウィングリップ

道路トンネル、壁面の
ケーブル支持に。
安全性、施工性を追求し、
様々な機構を搭載。

主な特長

落下防止(ケーブル支持金具)

ケーブル支持金具には二重落下防止対策以外にも、より安全に使用できるような機構を搭載。
ボルト先端のねじ山に潰し加工をほどこすことで、ボルトの脱落を防止。さらに、六角ナットを締め付けることでボルトのゆるみを防止。

落下防止(ケーブル支持架台)

ケーブル支持架台には二重落下防止対策以外にも、より安全に使用できるような機構を搭載。
万が一支持金具がズレた場合を想定して『リブ』を設け、脱落を防止。

安全性と使いやすさを追求

湾曲したトンネルの壁面に沿って変形するため、アンカー1本止めでも安心(S-CTK1SN2、S-CTK2SN2)。

優れた施工性

道路トンネルのケーブル配線は広範囲の施工になる場合が多いため、安全性はもちろん、施工性も重要となる。施工性向上のため、ケーブルの仮置き機能を搭載。
また、金具にはボルトが組まれている状態で納入されるため、
施工中の 部材落下も防止。

NETIS登録品

道路トンネル用ケーブル支持金具は、NETIS(国土交通省新技術情報提供システム)に登録している。(2021年9月時点)
【登録番号 KT-140006-VE

動画