最適な形状を追求したデザイン

製造工程から見直しました

DC-LID(ディーシーライド)は従来当たり前とされてきたヤスリのかたちや機能性を新たな視点で見直し、本質的な使いやすさを追求したプロダクトブランドです。ヤスリは経年使用によって鉄粉の目詰まりが発生し、機能が低下します。機能性の低下という課題に着目、製造技術や構造上の工夫によって独自の解決策を見出しました。

L形のデザイン

コーナーにフィット

ダクターチャンネルを代表とした長尺材には、複雑な断面のものがあります。このような長尺材切断面のバリ処理や仕上げを行う際、理想的なヤスリの形状はどのようなものが最適か、という仕上げる対象物から意匠を見直し誕生しました。

DC-LIDの使用イメージ

一般的な鉄工ヤスリの使用イメージ

特殊な目立て

耐久性と研削性、
両方を追求しました

金属の端部処理や面の仕上げが使用目的の鉄工ヤスリですが、その用途上、研削の耐久性には限界があります。一般的なヤスリの目立てはタガネにより切り起こして成形しますが、本商品は彫刻のように切削して成形することでヤスリ目を再現、従来以上の耐久性と優れた研削性の維持を追求しました。

目詰まりを抑制する黒染め加工

より長く、軽快に削り続けます

ヤスリを使用して金属を仕上げる際に生じる鉄粉が目の溝に蓄積されることで、「目詰まり」が発生します。これが研削性低下の一因となります。製造工程で本体に特殊な黒染め加工を施し、ヤスリの表面をコーディング、「目詰まり」を抑制し、鋭い切れ味を保ち長くお使いいただける工夫をしました。

Japan Quality

ヤスリの常識を乗り越える

L形の形状はヤスリ目の耐久性や品質維持が困難であるとされ、一般的に敬遠されてきたデザインです。しかし、DC-LID(ディーシーライド)は日本国内で設計から製造まで徹底した品質管理で生産し、困難とされてきたL形のヤスリの商品化を実現しました。シンプルなデザインの中に様々な工夫と挑戦を凝縮した本品を、是非お試しください。

商品紹介動画

ご注文品番: MAKDYL1

適合ダクターチャンネル D1、D2、D3、D15、D20 タイプ
重さ 107g